今までキャッシングを使ったことがある人

今までキャッシングを使ったことがある人で、過払いをしている方がいます。キャッシングを利用している人でも、過払い金についてよく知らない人もいるのではないでしょうか。仮に、キャッシングの過払いをしているのであれば、請求手続きをとることで、過払い分を返してもらうことが可能です。キャッシングを利用した時に、金利がある程度の高さで返済をしていた人に限り、過払い請求が認められます。では、キャッシングでいくらの金利で借りていると過払いになるのでしょうか。出資法では、貸金業者からお金を借りる時の金利の上限を20%としています。つまり、出資法の定めるところによれば、金利は最高20%にまで設定できるということになります。出資法のほかに、キャッシングの法律では、もう一つの別な法律があります。利息制限法では、10万円未満の借入では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%と金利の上限を定めています。利息制限法を越えた金利で融資を行うことは違法ですが、刑罰を受けることはありません。この場合は、過払い分として返済を請求されれば支払う必要があります。今までグレーゾーン金利と呼ばれていた、利息制限法と出資法との間の金利で融資を受けていた人は、過払い請求が可能な可能性があるわけです。キャッシングを利用するときには、借入先のキャッシング会社が利息制限法をきちんと守っているかどうかもチェックしてから借り入れをしましょう。キャッシング会社の中には、まれに法律を守るそぶりのない、高い金利でお金を貸し付けているところもありますので、そういったところからは借りないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。