人間の皮膚は表皮真皮皮下組織から成り立っています

人間の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。筋肉と脂肪が皮膚の下にあり、外界と隔離されています。若い頃の肌には弾力があり、たるみとは無縁の状態ですが、年齢と共に徐々に肌の老化は進んでいきます。若いころは、お肌のターンオーバーが積極的に繰り返されていて、古い肌が新しい肌と交代し続けています。若い頃の肌が、しみやたるみのないきれいな肌なのは、いつも新しい肌が表に現れてきているからです。ところが、こういった肌の状態をキープできるのも20歳を過ぎた辺りから柔軟性が失われ、難しくなります。いつまでも若々しい肌でいつづけることは残念ながら至難の業ですが、ある程度は対策が講じられます。強烈な紫外線から肌をガードすることによって、肌を加齢による老化からある程度は守ることができます。コラーゲンなど肌の状態を改善させる栄養素をしっかりと摂取することも大切です。お肌の代謝を促進し、正しいターンオーバーをキープするためには、質のいい睡眠時間を確保することです。加齢による肌の影響を受けないようにするためには、顔面エクササイズで顔の筋肉を刺激することです。表情筋を鍛えることで、たるみの改善に効果がありますし、表情も豊かなものになり、見た目も若々しくなります。ストレスをためない生活を心がけること、1日を生き生きと過ごすこともたるみ改善につながります。

コメントは受け付けていません。