小顔になるには何をすればいいのでしょう

小顔になるには、何をすればいいのでしょう。自分自身の顔は大きいので、もっと小さな顔になったほうが可愛く見えると感じる人がいます。せっかくダイエットで身体が細くなっても、顔がふっくらしていると、太った印象を与えてしまいます。顔を痩せさせるためにはどのようなエクササイズがすればいいものなのでしょうか。顔を引き締め、小顔にするために、顔の表情菌を使うストレッチがあります。表情筋はいつも使われている訳ではなく、普段使用されているのは全体の3割程度しかありません。使われない表情筋が衰退ると、それだけ年齢を重ねた顔に見える可能性が高くなるといいます。気軽にできる小顔エクササイズとして、舌の運動をすることで顔の筋肉を刺激するものがあります。舌を動かすことによって舌骨が動き、舌骨とつながる首周りにあるたくさんの筋肉が鍛えられるので、顔痩せすることができます。可能な限り大げさに顔を動かして、あ、い、う、え、おと発声をするというエクササイズもあります。普段の会話や表情変化だけでは使うことがない表情筋を、発声という動作で刺激できます。表情筋を鍛えて、引き締まった顔作りを目指してみませんか。色々な表情が出る、可愛い小顔になるためにも、表情筋のエクササイズによる小顔ダイエットに取り組みましょう。

コメントは受け付けていません。